1. ホーム
  2. 不妊治療情報
  3. 不妊の原因は男女どちらにあるの?

不妊治療情報

Chapter1 不妊治療の基礎知識

不妊の原因は男女どちらにあるの?

長い間、不妊の原因は女性の側にあるものだと考えられてきました。年齢の比較的高い世代には依然としてこうした考えが根強くあり、親族の何気ない言葉に傷ついた経験がある女性も少なくないのではないでしょうか。

世界保健機関(WHO)のデータによると、不妊カップルのうち原因が女性だけにあるのは41%、男性だけは24%、男女両方にあったのは24%です。つまり全体の約半数にあたる48%は男性にも原因があるということ。不妊は女性だけの問題ではないのです。

女性の場合、排卵が行われていなかったり、卵管の通りが悪かったりすると妊娠しにくいことはよく知られていますが、自然な妊娠のためには同時に「十分な数の元気な精子が膣内に射精される」ことが絶対条件となります。ですから精子の数が少なかったり、動きが悪かったりする場合なども、妊娠は成立しないのです。こうした男性側の原因による不妊は一般に男性不妊と呼ばれています。

Chapter1不妊治療の基礎知識

Chapter2不妊治療のステップ

Chapter3不妊治療のよくある悩み

Chapter4不妊治療に取り組む男性へ



PAGE TOP

不妊治療情報不妊治療Q&A専門家インタビュー体験者インタビュークリニック検索不妊症チェックアイビ基礎体温チェッカー