1. ホーム
  2. 専門家インタビュー
  3. 自然補完療法のサロンを併設 はらメディカルクリニック

専門家インタビュー

専門家紹介

原 利夫

はらメディカルクリニック院長。1958年、慶応義塾大学大学院医学研究科修了にて医学博士学位を取得。同大産婦人科助手を経て、1962年に東京歯科大学市川病院講師、1989年には千葉衛生短大非常勤講師となる。この間、日本初の体外受精凍結受精卵ベビー誕生のスタッフとしても活躍。1993年、不妊治療専門クリニック「はらメディカルクリニック」を開設。医学博士、日本産婦人科学会認定医。日本生殖免疫学会会員、日本不妊学会会員、日本受精着床学会会員、日本内分泌学科会会員。専門は生殖生理学、内分泌学、精子学。


自然補完療法のサロンを併設 はらメディカルクリニック

個人クリニックの体外受精は関東で2例目という実績

1993年に開院し、関東で2例目の体外受精の実績を持つ、はらメディカルクリニック(日本の個人クリニックにおける体外受精)。「赤ちゃんができにくいという状態は、心と体のバランスの解決が必要。不妊治療というと体外受精などの先進的な医療の妊娠率にとらわれがちですが、医師として、妊娠しやすい環境とそれをサポートする医学的な力を提供すべき使命があると考えています」と原先生。高度生殖医療を行う同クリニックでの体外受精の最高年齢は46歳ですが、「ご夫婦の話をじっくりと聞かせて頂き、タイミング指導や精神的なバックアップから始め、必要な場合に安全で効率のよい生殖補助技術を提供していきたいと考えています。ではまず心と体のケアから、ということで生み出したのが、ボーンスクイズメソッドです」。

受胎能力をあげることが目的のサロン「2Blue Line」

同クリニックが併設する「2Blue Line」は、医学的治療と連携して受胎能力をあげることを目的とした直営サロン。サロン名の「2Blue Line」とは、妊娠検査薬に表示される終了線と判定線の2本の青い線のこと。生殖医療の先進国であり、妊娠検査薬発祥の地であるアメリカでは、妊娠したことを俗語で「I gotta 2Blue Line☆」と表現するそうで、「ご夫婦にとって満足のいく良い結果を迎えられるように」との願いを込めてつけたとのこと。

「自然補完療法は医学にとって代わるものではなく、重症の排卵障害や高齢の不妊治療は医学的治療が必要です。その医学的療法を前提とし、より高い妊娠率に自然に近づく手段としておすすめするのが2Blue Lineで行うボーンスクイズメソッド。骨髄を刺激して、卵巣の血流量に働きかけます」。骨髄刺激を中心としたこのセラピーは同クリニックが商標登録したもので、自律神経やホルモンの調整作用に大きな効果をもたらすとして話題を呼んでいます。

「個人の症状、状態により効果が違うためセラピーの回数をお答えするのは難しいのですが、初回から血流増加による骨盤内の保温を感じ、早い方ですと1回で妊娠しています」。 


ひとりひとりの状況を聞いて行うオーダーメイド施術

ボーンスクイズメソッドは、「体外受精、顕微授精に失敗している」「これから初めて体外受精に挑戦する」「人工授精に失敗している」「タイミング療法で妊娠しない」など、ひとりひとりの状況を聞いて行うオーダーメイド施術。このほか、セラピストが現在は「ビィオセンシエール」のオイルで経路マッサージを応用した全身マッサージを行うアロマオイルマッサージのメニューも。完全個室で、待合室で過ごす時間も考え予約時間にも配慮。癒しの空間で心と体を解き放ち、デトックス効果も期待できることから不妊治療のストレス解消にも一役買っているといいます。

「セラピストは全員国家資格を所有し、エキスパートとして高いクオリティを保っています。技術だけでなく不妊症に関する基礎知識も学習し、不妊に特化したセラピーを行います」。


 

PAGE TOP

不妊治療情報不妊治療Q&A専門家インタビュー体験者インタビュークリニック検索不妊症チェックアイビ基礎体温チェッカー